ネタぎれ


THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十五話 倉庫2 





この日、匠の手によって倉庫に靴の収納スペースが造られました。


そこら中のダンボールに詰め込まれていたシューズたちが、

毅然とした態度で整列しているその光景はまるで・・ 


まるで・・・・





・・・・・・・もう無理





つづく?




(お詫び・・・十四話に登場した山芋支柱は長芋支柱の間違いでした。恥)




おっきいの


THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十四話 今夜のおかずはなんだろな




何をつくっているんでしょ〜か?



THE ハンガー棚。


かなり大きいですが、二段に服を掛けるんで壊れないようにかなりタフ

に出来てますよ。

これに鉄のポールを上下に付けて色塗れば完成です。



ちなみに、鉄のポールは山芋支柱(ヤマイモシチュー)を採用。

多分田舎のホームセンターには売ってます。

安くて丈夫でお薦めです。決してヤマイモのシチューではないです(笑笑)


しかし、ここ3か月で皆さんだいぶ成長しましたね。

イメージ通りのものを造形できるようになっていますね。



予定では3か月でオープンだったんですけどね・・・





つづく

今日も元気にいきましゅ

THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十三話 劇的リフォーム番組風に








この日、匠の手によって便利な収納棚が造られました。


今まで、ばらばらに置かれ、片付く事の無かった工具や道具たち。

今では、用途別に収納され、探しやすくなりました。



この何とも気の利いた匠のはからいにより

作業の効率も格段にアップすることでしょう。



しかし何故か匠は納得していない様子・・・・






「それ収納棚じゃないから・・・カウンターだから」










つづく





依頼

 
THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十二話 匠の悩み





今日匠は大きな壁にぶ

ちあたった。



何十年も前にリアル職人に塗られたうろこ模様のしっくいの壁。

これをフラットな壁にするのが今回の依頼なのだ

が・・・





うろこ模様の角をノミで削ってみる

ゴリ・・・・ゴリゴリ



じ・・・
地味だ






ディスクグラインダー「はつる用」で

ヴヴィーン〜〜




派手だ




一瞬であたりが真っ白になる。

なにかよい方法はないものか・・・


つづく



デモンストランダムの地図↓
青森県八戸市下長3−9−7


ホテル

 
THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十一話 倉庫




こちらは2階の倉庫への入り口。

この中は倉庫にする予定になっている。



完全にお隣さんの屋根裏に侵入してますが

ばれないように静かーに作業すればOK??

(完全にばれてますから)


早くも中が完成したみたいなんで覗いてみる。




完成度高っ!!しかも、

入り口から2坪ほどの予定が増築に継ぐ増築に継ぐ増

築で驚きの広さに・・

倉庫??いや、部屋と呼ぶべきだなこれは




換気扇、ハンガー、除湿機完備


ご宿泊 3,500円

ご休憩 1,800円








ウソです



つづく

お店の地図はこちら↓
古着屋デモンストランダムの地図

飽きた

THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第十話 続/ぬりかべ


2階のしっくい塗りが終らない。

三日間塗りっ放しであります。


知らぬ間にだい〜

ぶ塗るのが上達。



てか飽きた・・・




外は雪もちらほらと見えてきたので

早くドア閉め切っ

て暖かい部屋で

仕事がしたいで

すな。






しかし作業中かけてる音楽も毎日同じで飽きてきた・・・

レッチリの曲がずっと頭の中をループ



ぎぶろれい

ぎぶろれいっ な


ぎぶろれい

ぎぶろれいっ なっ




みたいなのが。  分かる〜?


つづく



 

古着屋の壁

 THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第九話 ぬりかべ


「はじめてでもプロが塗ったような仕上がり」

の宣伝文句につられて購入したしっくいが到着。

もはや店員さんのあいさつが

「いらっしゃいませ」でなく「ごくろうさんです」

と言われてしまうホームセンターで、コテなどを適当に購入。

早速、ガツガツ塗ってみる。


・・・・

どう見ても素人が塗ったような仕上がり!!



こうやって

途中であきらめると

つぎめがボコッとな

る。






できるだけ一気に一面塗った方がうまく仕上がるわけで・・

しかし広すぎて到

底ムリ。





腕疲れるし

落ちそうだし




ユーチューブで職人さんの塗り方を調べてみると

マジですか??っていうくらいの早業。軽くショック

やっぱ違うわ。  プロ



それと漆喰は素手で触ると手が溶けることが判明。

約1名、素手でしっくいをこねくりまわした為、

大変な事態に・・


つづく





おしゃれになってきた

 
THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第八話 壁問題


























2階壁貼り、ライト埋め込みおわり。

たそがれている人のは、

天井とか壁に何を塗るかで悩んでいます。


白いペンキかしっくい。しっくいか白いペンキ。


なんか匠っぽいからしっくいでお願いします!!


早速ネットで大量注文。明日届くらしい・・・




だれか〜

しっくいの正しい塗り方を教えてください。



つづく

がんばってます


THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第七話 古着屋の壁とか床とか 

二階の床。  と壁・・・




当初の予定よりどんどん2階スペースが広くなりました。

床を貼る作業は、やりすぎてだいぶスキルアップしとりますよ。


そして THE 壁作り です。

壁は石膏ボード貼ってます。これも大量購入。


巨大なパズルのごとく、壁の形にボードを切り抜いたものを

1枚ずつ、隙間空かないように貼ります。
























隙間なくピタッとはるのははっきし言って、無理ムリ。

最初に作業した方は結構すきまだらけで埋めまくっとります。


それと最初は石膏ボードがカッターで切り目を付ければ簡

単に切れることを知らなかったので、電ノコで豪快に切り

まくってました。




つづく





ライトオン

 THE HISTORY OF THE DEMONSTRANDUM
第六話 暗いと不平を言うよりも


(劇的なリフォーム番組ナレーション風に読んでほしい)



匠の手によって複数の

ダウンライトが

埋め込まれました。



ほどよい温かみのある

その明かりは、

暗かったこれまでの人生

をも明るく照らしてくれ

ることでしょう。




その時、



それを見た一人の匠から

ひとつの提案がだされました。






飲みいく








つづく